実査定に出して提示された中古車の査定額というものは、

なるべく丁寧に乗車していても付いてしまう少々の傷やへこみ

なるべく丁寧に乗車していても付いてしまう少々の傷やへこみ等は、多くはマイナス査定の対象にはなりませんので、あまり神経質になることはありません。明らかに爪が引っ掛かるくらいのキズがあったり充分に分かる程度のへこみ、塗装がはげていたりしては減点の対象に含まれますが、マイナス査定されるのを避けようとして自分で費用を出して直したとしても自分で出した修理費用より査定金額の方が高くなる事はないのです。 続きを読む

自分の車を売却する場合には書類を色々用意するこ

丁寧に磨いて複数の会社に査定を依頼しても引き取ってもら

丁寧に磨いて複数の会社に査定を依頼しても引き取ってもらえなかった場合、思い切って廃車専門の業者に査定してもらってはいかがでしょう。

どこの査定士からもサジを投げられた車でも、専門業者なら部品単位で値付けするので少なくともタダにはなりません。 続きを読む

中古車の査定士は訪問査定時に決まった項目に従い、

車の下取りの際に減額のポイントとなるものとし

車の下取りの際に減額のポイントとなるものとして、1年間の走行距離が平均1万キロ以上である、車体のカラーの需要がない、キズや汚れが車体にある、装備品に不備がある、車内のニオイなどがあります。

さらに、車体に修理をしたことがある場合もマイナス査定の要因となります。 続きを読む